Banner


    研究会の主旨

       ガラス転移は21世紀に残された物性物理学の最後のフロンティアと言われるほど魅力的なテーマである。それは、有限温度で液体の緩和時間が発散する(ように見える)という極めて異常な現象であると同時に、その状態に至るには無限大時間が必要というある種ロマンチックな困難さを伴うからであろう。近年、この緩和時間の問題に挑戦するいくつかの新しい方法も試みられている。実験的には蒸着法で低エンタルピー・高密度の安定ガラスを作成する方法、理論的にはランダムピニングで実効的なガラス転移温度を引き上げる方法などがこれにあたる。高温あるいは低圧からガラス転移に向かう際の顕著な変化の一つは静的・動的不均一性の成長であるが、この起源を解明するための種々の構造解析、誘電緩和測定、計算機シミュレーションなども盛んに行われている。また、蛋白質の動的転移、粉体のジャミング転移、スピングラス転移、電荷ガラス転移などの関連した現象も活発に研究されている。物質寄りに見れば、液体―液体転移などの観点で水は依然として興味深い対象であるし、イオン液体など新しいガラス形成物質も見つかっている。ガラス自身の物性としても、従来のボゾンピークなどの低エネルギー励起の問題に加え、エイジングや結晶化の問題も再注目されている。さらには材料科学や食品科学などの応用分野においても、ガラス転移の概念は重要である。
       以上の様な状況において、ガラス転移に関わる実験、理論、計算機シミュレーションの研究者、さらには、蛋白質、粉体、固体物理などの周辺分野の研究者が一同に会し、現状を確認し合うとともに、将来の研究の方向について議論することは非常に有意義である。物性研では、2000年頃から3〜4年に一度、国内最大のガラス関係の研究集会として、短期研究会を開催してきた。今回、3年ぶりに行う本研究会では、これまでの参加者以外にも、新しい世代、新しい分野の研究者を加え、より包括的かつ将来に向けた議論を展開したい。


    研究会の概要

    日時:2018年5月10日(木) 10時頃 〜 5月12日(土) 15時頃(3日間)
       (開始・終了の時刻は、講演者数によって変更の可能性があります)

    場所:東京大学物性研究所 本館6階大講義室(〒277-8581 千葉県柏市柏の葉5-1-5,04-7136-3599)

    主催:東京大学物性研究所

    定員:100名

    使用言語 : 日本語または英語(外国人の発表も歓迎します)

    参加費:無料(懇親会費別)

    懇親会:5月11日夕刻を予定

    世話人:山室 修(東大物性研)、田中 肇(東大生産研)、金谷 利治(KEK, J-PARC)、宮崎 州正(名大院理)、早川 尚男
    (京大基研)、深尾 浩次(立命大理工)、野嵜 龍介(北大院理)、巾崎 潤子(東工大物質理工)、新屋敷 直木(東海大理)

    連絡先:山室修(yamamuro@issp.u-tokyo.ac.jp, 04-7136-3494)

    事務連絡先:本田裕子(y-honda@issp.u-tokyo.ac.jp, 04-7136-3374)

    登録システム管理者:楡井真実(m_nirei@issp.u-tokyo.ac.jp, 04-7136-3424)


    参加申込

    口頭発表は4月16日まで、ポスター発表は4月23日までに講演要旨とともに受付ページからお申込下さい。最終的な口頭とポスターの割り振りは、世話人グループで決定させて頂きます。旅費・宿舎の締切は4月16日、アブストラクトの締切は4月23日です。旅費や宿舎は限りがありますので、ご希望の方はできるだけ早めにお申し込み頂くようお願いします。


    口頭発表申込および旅費・宿舎申請は締め切りました。多数のお申込みありがとうございました。(4/19更新)

    ポスター発表申込は締め切りました。(4/24更新)
    Post-deadline poster(アブストラクト無し)を5/7まで受け付けます。
    参加登録ページ からお申込下さい。

    当日参加も受け付けますが、できるだけ5/7までに事前参加登録をお願いします。(4/19更新)


    アブストラクトのテンプレートのダウンロード
    (受付ページの中からもダウンロードできます)